メインコンテンツにスキップ

妊娠中のお客様

妊娠中の航空旅行について ‐ はじめに

ターキッシュ エアラインズでは、妊娠中のお客様のあらゆるご要望を考慮し、支障なく空の旅をご体験いただけるようサポートいたします。このページに記載されている旅行に関する詳しい情報をよくお読みいただくことをお勧めいたします。

妊娠中の航空旅行

妊娠中の航空旅行に関する方針は、お客様の妊娠の段階と健康状態の両方によって異なります。特に長距離便の場合は、健康状態の良好なお客様であっても医師の承認を得る必要があります。 

お客様よりご申告いただいた妊娠期間をもとに対応させていただくため、正しい情報のご提供が極めて重要となります。

妊娠 28 週目に入っていないお客様は、医師の診断書なしでご搭乗いただけます。妊娠 28 週目から 35 週目までのお客様が搭乗される場合は、「航空旅行による支障がない」旨を示す医師の診断書をお持ちください。双子以上の場合には、妊娠 28 週目から 31 週目までの間診断書にてご搭乗が可能です。診断書は搭乗日を含め 7 日前以内に発行されたものが必要です。

医師の診断書の内容にかかわらず、妊娠 36 週目以降のお客様、双子以上の場合は妊娠 32 週目以降のお客様はご搭乗いただけません。

妊娠中の航空旅行について ‐ 表


妊娠の段階

1~27 週目 28~31 週目 32~35 週目 36 週目以降
1 人を妊娠 航空旅行が可能 医師の診断書が必要 医師の診断書が必要 航空旅行が不可能
2 人以上を妊娠 航空旅行が可能 医師の診断書が必要 航空旅行が不可能 航空旅行が不可能

妊娠中に旅行する際のアドバイス

  • かかりつけの医師による健康診断を受け、長距離便での旅行に関してアドバイスを受けた場合は、その内容に十分注意してください。
  • 長距離路線ではビジネスクラスをお勧めいたします。足元のスペースが広めになっているので、足をより楽に動かすことができ、血液循環の問題が発生するリスクが解消されます。
  • 同伴者と一緒に搭乗し、同伴者がかかりつけの医師の詳細な連絡先を携帯するようにしてください。
  • 飛行中は、水をたくさん飲んでください。お茶やコーヒーなど、脱水作用のある飲み物は避けてください。
  • 機内を定期的に歩いてください。特に長距離便では、血行をよくするために歩く必要があります。
  • チェックイン時に通路側の座席をお選びください。トイレに行くのが楽になります。
  • かかりつけの医師から受け取った健康に関するすべての文書を携帯するようにしてください。外国に行く場合は、それらの文書を英語で用意してください。旅行に出発する前に、滞在先の最寄りの医療センターの詳細な連絡先を書き留めておいてください。
  • 時差ぼけの影響を軽減するために、睡眠薬は飲まないでください。
妊娠中のお客様で、航空旅行に医師の診断書が必要となる方は、搭乗日の 7 日以内の日付の診断書をトルコ語または英語でご用意ください。診断書は、医師または関係した医療センターのレターヘッド付きの用紙にご記入ください。診断書には、診断書の作成日とともに、医師の氏名、医師免許番号、署名が必要です。