.

ターキッシュ エアラインズデビットメモ/予約規定

ターキッシュ エアラインズデビットメモ/予約規定は、GDS(横断的販売網)の適切な使用限度を指定し、航空会社による制裁措置から代理店を保護することを目指します。これらの規定は、IATA(国際航空運送協会)認定であるかどうかを問わず、あらゆる代理店に対して拘束力を持ちます。 

代理店の責任は、ターキッシュ エアラインズ予約システムにアクセスした瞬間から発生します。このため、代理店従業員はターキッシュ エアラインズの現行の規定と慣例について、熟知している必要があります。代理店によるすべての取引は厳重に監視され、不正な取引は定期報告によって検出されます。予約手続きの項目の下で取引が不正と定義付けられると、予約コード(PNR)ごとに 35 ユーロの ADM(代理店デビットメモ)が発生します。

上記規定の順守は各当事者にとって有益であり、良質な顧客サービスを保証します。

団体予約

パッシブセグメントの団体 PNR に関連する処理 

ターキッシュ エアラインズのシステムに登録されたアクティブな団体予約の搭乗者の航空券が、個々のパッシブ予約作成により発行されている場合は、システムが処理を拒否しないよう、TCP(合計人数)情報をパッシブセグメントの予約に入力する必要があります。EOT を入力する前に、以下の TCP エントリーを PNR に入力してください:3OSI TK TCP30(団体予約の搭乗者数)。

予約方法

旅行代理店は、以下のような不適当とみなされる予約内容の場合、予約手続きをすすめないよう気を付けてください。

a. 虚偽の予約

  • 出発時刻を過ぎているフライトの予約
  • 名前に誤りや虚偽がある場合(例:姓または名が 1 文字のみの場合や、有名人の名前など)。
  • 実現不可能な予約(例:旅程に無理がある、複数の目的地がある、乗り継ぎ便の出発時刻に間に合わないなど)
  • 搭乗者がいないにも関わらず座席確保を目的とした予約。または GDS セグメントのノルマを達成することを目的とした予約。
  • 搭乗者がキャンセルを申し出たにも関わらず、キャンセルされていない予約。
  • 発券以外を目的として作成されたオープンセグメント。
  • キャンセル数に誤りがある場合。
  • 未発券のフライトで、出発 24 時間前にキャンセルされたフライト数が尋常でない場合。


b. カスタマーモニタリングおよびテストを目的とした予約

  • テスト予約:このタイプの予約はテスト環境か、またはシステムがオフラインの状態で行ってください。
  • OJT(実地研修)中に行うテスト予約。
  • ジョブ追跡のための予約。
  • 搭乗者のビザまたはその他の関連資料を閲覧することを目的とした予約。
  • 旅程表の写しを入手するための予約。この手続きには、以下のコードを使用してください。

SABRE-YK Status Code-0TK006J01NOVORDISTYK1

AMADEUS-Ghost Segment-SSTK108Y12JULISTESBGK1/08000900/PNR NO

ヘルプページ参照:HE SS, MS625

WORLDSPAN-Travel Segment-(使用可能なスクリーンから)01Y1@TVL

ヘルプページ参照-HELP TVLC

GALILEO-Tour Segment-0TURTKBK1IST26NOV-FREE FORMAT

ヘルプページ参照:H/AUXS


c. 無効な予約

  • ステータスコード HX、UN、UC、NO、SC、TK、US、PN、WK が PNR から除外されていないセグメント

(最優先のキャンセル待ちセグメントがコンファームされた場合、他のキャンセル待ちセグメントはキャンセルする必要があります)。旅行代理店の従業員はキャンセル待ちのリストを体系的に確認し、PNR から無効なセグメントを削除する義務があります。無効なセグメントは、例外なく、遅くとも当該フライトの出発 24 時間前までにキャンセルする必要があります。


d. マリッジセグメント

ターキッシュ エアラインズはマリッジセグメントの乱用を監視しています。PNR 作成義務のある旅行代理店または、PNR を使用して発券処理を行う代理店が、マリッジセグメントを乱用するような方法で予約処理を行うことは、ADM の対象となります。

  • 予約・発券元の代理店に対し、下記の金額の ADM を発行いたします。 
  • トルコ国内線のみの予約に対しては、該当 PNR の搭乗者毎に 500 トルコリラ 
  • 短距離・中距離路線(アジア・ヨーロッパ・アフリカ発着)の国際線予約に対しては、該当 PNR の搭乗者毎に 500 ユーロ 
  • 大陸間長距離路線(アメリカ・極東発着)の国際線予約に対しては、該当 PNR の搭乗者毎に 1,000 ユーロ
マリッジセグメントの乱用の定義は以下のとおりです。
  • マリッジセグメント上で予約を操作すること。
  • 規定に従わず、部分的にキャンセルすること。
  • 下位クラスの空き状況を検索することを目的として、実際の予約に含まれない虚偽の目的地を入力して予約すること。

このような規定違反は ADM 発行の対象となるだけでなく、当該旅行代理店によるターキッシュ エアラインズのフライト検索や予約処理を停止する可能性があります。複数の旅行代理店が PNR の作成と発券に関わっている場合、各社にすべての制裁処置が課せられます。


e. ノーショー(事前のキャンセル通知なく、予約済みのフライトに搭乗しないこと)

  • 明らかにノーショーにつながる全チケット手配(ノーショーとなる可能性が高いもの:より安価なチケットを販売するため異なる料金規定が適用されるセグメント、特定のフライトがノーショーの場合の後継便のフライト等)前述のターキッシュ エアラインズのデビットメモ/予約規定部門の ADM とは異なり、このような場合、ADM のペナルティは当該路線の最も高いクラスの料金に相当する金額が適用され、支払い責任は旅行代理店にあります。


f. 多重予約

多重予約とは、同一名または複数の GDS で、2 件以上の予約を行うことです。以下の場合は多重予約とみなされます。

  • 同日または異なる日の、同一のフライトを複数予約すること。
  • フライト番号は異なるが、同日または異なる日の、目的地が同じフライトを予約すること。
  • 同日または異なる日の、複数の目的地へのフライトを予約すること。
  • 同一空港または近隣空港行きの予約をすること
  • ターキッシュ エアラインズと他の航空会社の両方で、同内容の予約をすること。

g. パッシブ予約

発券する際は、航空会社のシステムに登録されたオリジナルの情報に基づく予約のみを使用する必要があります。IATA 非公認代理店で、発券の権限がない旅行代理店は、パッシブ予約を作成できません。パッシブ予約はすべて、ターキッシュ エアラインズのソフトウェアの監視下にあります。基準を満たさないパッシブ予約は拒否され、ステータスコードが NO (予約規定違反があった場合に航空会社から送信されるコード)となります。また拒否理由が PNR に記載されます。


ステータスコードが NO になると、不要な CRS 手数料が発生します。そのため PNR からステータスコード NO を削除することが大変重要です。コードの削除を怠った場合、旅行代理店に対して ADM が発行されます。この問題に関して、旅行代理店の一助となり、またお客様のご不便を回避するため、以下のような内容のメッセージが送信されます。詳細な情報はコールセンター(+90 212 44 0849)にお電話でお問い合わせいただくか、電子メール(gds@thy.com)でご連絡ください。


パッシブセグメントは航空会社のシステムで処理された予約の発券のみ使用することができます。予約クラスは同一である必要があります。

IATA 非公認代理店は発券の権限がないため、パッシブ予約を作成できません。

搭乗者の要望による旅程や請求書の入手を目的としてパッシブ予約を作成することはできません。そのような場合は、予約管理部門のノーチャージセグメントを使用してください。

航空会社による予約拒否を示すステータスコード NO のセグメントは、すべて PNR 上から削除しなければなりません。

旅行代理店が作成したパッシブ予約で、予約が拒否され、NO メッセージが送信されるのは以下のような場合です。

  • 発券権限がありません:チケット発券の権限がない旅行代理店に送信されます。
  • 一致する PNR がありません:航空会社のシステムにパッシブ予約に該当する情報がない場合に送信されます。
  • スペルが間違っています。正しい氏名を入力してください:航空会社の PNR にある搭乗者氏名と完全一致しない場合に送信されます。
  • PNR は他の旅行代理店の管理下にあります:他の旅行代理店がアクティブな予約を作成している場合に送信されます。このような場合、同じシステムを利用している双方の旅行代理店は、該当する PNR を互いに整理してから発券してください。
  • クラスが一致していません。キャンセルして確認してください:アクティブ予約とパッシブ予約のクラスが一致していないことを示しています。
  • すでに有効な予約が存在します:パッシブ予約を作成した旅行代理店が有効な PNR ですでに予約を行っており、そのアクティブな予約から発券する必要があります。
  • PL セグメントが受理されませんでした:パッシブ予約はチケットの発券を目的とするため、キャンセル待ちのパッシブ予約コードは受理されません。
  • パッシブセグメントのメッセージは受信済みです:該当の予約に関するパッシブ予約のメッセージはすでに受信済みです。
  • 一致するものがありません。確認してください:ターキッシュ エアウェイズのシステムの予約記録に表示された搭乗者番号とパッシブ予約の搭乗者番号が一致していません。
  • 航空会社のシステムのアクティブセグメントがキャンセル待ちリストに入っています:アクティブ予約セグメントがコンファームされるまで、旅行代理店はチケットを発券できません。そのためパッシブ予約を作成できません。
  • 空港コードが無効です。キャンセルして確認してください:旅行代理店が作成したパッシブ予約の空港/都市コードに誤りがあります。正確なコードを入力してください。
  • フライト番号が一致しません。キャンセルして確認してください:パッシブ予約と航空会社のシステムの予約フライト番号が一致していません。
  • 同一の CRS でアクティブな予約があります:アクティブな記録が他の旅行代理店の管理下にあります。
  • 有効な PNR が航空会社のシステムによりキャンセルされました:オリジナルの PNR が航空会社のシステム内でキャンセルされました。オリジナルの PNR を確認してください。
  • 氏名が一致しません。キャンセルして確認してください:オリジナルの PNR の氏名とパッシブ予約の氏名が一致していません。

発券とオプションの規定

a. リピート予約:予約に付随するオプション期間の延長、または販売ノルマの達成を目的に、作成とキャンセルを繰り返す予約を指します。 

b. ノーショウ:代理店により航空券が発行されていない、または未発券の予約がキャンセルされていないことによるインベントリの不足を指します。 

c. 例外的なキャンセル 

d. オプションおよび価格規定に従うものとし、航空券は区間ステータスコードに準じて発行する必要があります。ターキッシュ エアラインズからの確認がない限り、予約未確認のステータスコードを使用することはできません。 

e. 予約確認済みステータスコードのない区間に対して、予約確認済み航空券を発行することはできません。

f. 価格その他の類似情報の確認のために予約を作成することはできません。 

g. 予約クラスと航空券クラスは同一である必要があります。 

h. 航空券は、元の予約が作成された GDS が発行する必要があります。同一の GDS システム上であれば、発券のために PNR を譲渡することができます。その際には以下のエントリーを使用します。 

Sabre:6*TA/PCC(詳細:F*SQLRT) 

Amadeus:ES PCC-B(PCC は GDS が割り当てる都市コード) 

Galileo:QEP/PCC(PCC は GDS が割り当てる都市コード) 

Worldspan:QEP/PCC(PCC は GDS が割り当てる都市コード)