メインコンテンツにスキップ

ターキッシュ エアラインズは、「2015 Bonds and Loans Turkey」で「Trade and Export Finance Deal of the Year」賞を受賞しました。

「Global Financial Conferences at Bonds & Loans 2015 Turkey」による「Trade and Export Finance Deal of the Year 2015」賞は、European Credit Agency (ECA) Guaranteed Italian Tax Lease による当社独自の革新的な複合的財務構造を高く評価するものです。収益は、2015 年に納入された新しい 3 機の A330-300 の購入に充てられました。総額約 3 億 1500 万米ドルに相当します。 

ターキッシュ エアラインズが世界で初めて導入し、ソシエテジェネラルによって提供されたこの財務構造では、税制上の優遇と ECA の保証の組み合わせにより、財務コストを大幅に削減できます。これには、日本円のネットロングポジションによる不利な為替レート変動に対する保護のために、当社のナチュラルヘッジポリシーを反映して、円建ての負債の返済も組み込まれています。

同じ賞の授賞式で、ターキッシュ エアラインズはさらに「International Bond Deal of the Year」部門で第 2 位を受賞しました。2015 年の 3 機の新しいボーイング 777-300ER の購入には、12 年連続の「A」信用と 3 億 2800 万米ドル の額面価値がある Enhanced Equipment Trust Certificates (EETC) を使用して資金が調達されました。ターキッシュ エアラインズは、米国以外の航空会社で米国の資本市場から融資を受けた最初の 5 社のうちの 1 社です。シティバンク、ゴールドマンサックス、ドイツ銀行、BNP パリバがこの取引にかかわりました。これは、同様の A クラス債権と比較して、市場でこれまでで最高のローン・資産価値比率を記録しました。 

競争が激しい航空業界で健全な成長を続けるには、長期にわたって低コストで資金調達が可能な能力が不可欠です。2006~2015 年度には 120 億米ドルの資金を調達し、債務構造は平均利息わずか 3%の 5 年間加重平均満期となっています。 

ターキッシュ エアラインズは 215 機の航空機を注文し、今後 6 年間にわたって納入され、総額は 130 億米ドルにのぼります。これは、世界でもトップクラスの保有機拡大プランです。当社は引き続き多様化によって資金調達の方法を強化し、革新的なソリューションでこの領域を発展させる意向です。


Turkish Airlines, Inc. 
メディア向け広報窓口

           


すべてのプレスリリースを表示するには、こちらをクリックしてください。