メインコンテンツにスキップ
ビデオ

エクササイズ

飛行中に圧力が変化し、空気中の水分レベルが低くなり、乱気流が体に悪影響を及ぼすことがあります。 フライトキャビンで特定のエクササイズを行うことで、これらを回避できます。 

フットエクササイズ


重力の影響で足に液体が集まり、腫れを引き起こすことがあります。 これを緩和するために、以下のエクササイズを行うことができます。 

フットレイズ 

足を床に平らに置き、つま先をゆっくりと空中に持ち上げます。 足をこの位置に5秒間保ちます。 次に、つま先を床に戻し、かかとを上げます。 このエクササイズを10回繰り返します。 

アンクルサークル 

床から少し離れたところで足を上げます。 足首を時計回りに15回、反時計回りに15回回転させます。 このエクササイズを10回繰り返します。 

ニーエクササイズ 


座ったまま簡単なエクササイズができ、膝や関節の不快感を和らげることができます。 

ニーレイズ 

両手を脚の上に置きます。 片足を床から少し離して持ち上げます。 5秒間ホールドして戻ります。 もう片方の足で同じエクササイズを行います。 これを各脚で10回繰り返します。 

膝胸上げ 

両手をひざの下に合わせます。 両膝を胸に向けて持ってきてください。 5秒間持ち、ゆっくりと脚を床に戻します。 脚から手を離して足を伸ばします。 これを各脚で10回繰り返します。 

ニーストレッチ 

両手をそばに置いておきなさい。 足をまっすぐに伸ばし、足首を重ねます。 足を上下に伸ばします。 ひざを曲げ、足を自分の方に戻しながら、この動作を続けます。 15回繰り返しますが、各エクササイズの間に5分間休憩します。 

首のエクササイズ 


首のこり、関節炎、脊椎疾患などの問題がある場合は、次の首のエクササイズを行うことができます。 これらのエクササイズを行っている間に痛みが増した場合は、直ちに中止してください。 

ケイブシュウフク 

首と肩をリラックスさせます。 ゆっくりと頭を回します。 頭を動かしながら、5秒ごとに止め、頭をそのまましばらく置いてから、円運動を続けます。 

ケイブギャクリュウ 

座席にまっすぐ座り、まっすぐ前を見ながら、首をゆっくりと後ろに伸ばします。 首が元に戻ったら、3秒間長押ししてから、ゆっくりと元の姿勢に戻ります。 エクササイズを10回繰り返します。 

ケイブコウシュクドウミャクリュウ 

首を後退させた状態で、頭を上に上げます。 この姿勢を3秒間維持し、最初の姿勢に戻ります。 2秒間待ってから、エクササイズを繰り返します。 このエクササイズを10回繰り返します。 

左右のネックプレス 

首を張った状態で、手を頭の上に置き、軽く右に引っ張ります。 この姿勢を3秒間維持し、首を自然な位置に戻します。 2秒間待ってから、エクササイズを繰り返します。 このエクササイズを右側で5回、左側で5回行います。 

前方ネックプレス 

首を張った状態で、指を組み合わせて額に手を置き、伸びを感じるまで顎を軽く胸に押し込みます。 この姿勢を1秒間維持し、首を自然な位置に戻します。 3秒間待ってから、エクササイズを繰り返します。 このエクササイズを5回だけ繰り返します。 

腰と腰のエクササイズ 


腰痛と腰痛は、長距離フライトで発生した最も一般的な問題です。 ヘルニアや椎間板ヘルニアなどの状態は、飛行中に悪化する可能性があります。 ただし、基本的な運動でこの痛みを和らげることができます。 

フォワードストレッチ 

座席から立ち上がり、その動きの途中で姿勢を維持します。 その後、ゆっくりと座り、背もたれを座席に当てます。 エクササイズを5回繰り返します。 

ショルダーストレッチ 

肩で小さな円運動をしてみてください。 この作業をしている間は、まっすぐに座り、肩が弛緩していることを確認してください。 このエクササイズを10回繰り返します。 

戻るストレッチ 

腕を交差させ、少し前に曲げて肘掛けを握ります。 息を吐きながら背中を上に押します。 エクササイズを5回繰り返します。 

腹部運動 


下記の腹部エクササイズを行うことで、飛行中に腹部の筋肉を強化し、体の形を維持することができます。 それらを順番に実行し、それらの間に休息を取るようにしてください。 

両足を床に平らに置き、腹部を持ち込む。ゆっくりと前に曲げ、脛から手首まで指で歩きます。 しばらくこの姿勢を保ち、ゆっくりと最初の姿勢に戻ります。 

腹部を数秒間押さえてから解放します。 

腕のエクササイズ 


腕のストレッチ 

両手を組み、腕を前に伸ばします。 数秒間待って、エクササイズを繰り返します。

快適な飛行体験をお楽しみいただくために、いくつかの対策を講じることをお勧めします。 特定のトピックについてさらに知りたい場合は、コールセンターまでご連絡ください。