メインコンテンツにスキップ

お客様への特別なお手伝い

お客様への特別なお手伝い ‐ 病気をされているお客様またはお身体の不自由なお客様

ターキッシュ エアラインズでは、病気をされているお客様、お身体の不自由なお客様、または移動が困難なお客様に、ご旅行中にできる限り快適にお過ごしいただけるよう、特別なサポートをご提供しております。病気をされているお客様またはお身体の不自由なお客様で、旅行に差し支える状態でない方は、どうぞご安心ください。ターキッシュ エアラインズなら、快適に問題なく空の旅をお楽しみいただけます。

搭乗が認められる場合

国際航空規則に従い、機内の他のお客様の健康を守るために、特定の疾病を患われている方はご搭乗いただけません。 

旅行の医学的障害にならない非感染性疾患のお客様は、ご搭乗いただけます。ただし、「航空旅行を差し控える特別な理由がない」という内容が記された、搭乗日の 10 日以内の日付の医師の診断書をお持ちいただくことが条件となります。 

お身体の不自由なお客様または一時的に移動が困難なお客様は、健康状態によって、お一人でまたは付き添いの方と一緒にご搭乗いただけます。

搭乗手続きを時間内に完了できるよう、国内線の場合は 1 時間前まで、国際線の場合は 2 時間前までに空港にお越しください。

付き添いが必要になる場合

申し訳ございませんが、飛行中、客室乗務員は呼吸装置、お食事、投薬の管理、お手洗いのご利用などに関するお手伝いを承ることはできません。ただし、機内食の蓋を開けたり、カトラリーをビニール袋から取り出したりするのはお手伝い可能です。お手洗いへの移動もご案内いたします。 

お身体の不自由なお客様で、飛行中にご自身の身の回りのことができる方は、付き添いの方なしでご搭乗いただけます。しかしながら、ご自身の身の回りのことができないお客様は、飛行中に付き添いの方の介助が必要です。精神障害を抱えているお客様は、付き添いの方が介助する場合のみご搭乗いただけます。


状況 付き添いの方が必要 付き添いの方なしで搭乗可能 詳細
病気をされているお客様で、ご自身の身の回りのことができる方 X
搭乗日の 10 日以内の日付の医師の診断書をお持ちの場合に搭乗可能
お身体の不自由なお客様で、ご自身の身の回りのことができる方 X
医師の診断書は不要
精神障害を抱えているお客様 X
医師の診断書は不要。すべての必要な渡航書類は、旅行の付き添いの方がお持ちください。
目の不自由なお客様 X
医師の診断書は不要
耳の不自由なお客様 X
医師の診断書は不要
目と耳の不自由なお客様 X
医師の診断書は不要
片方の足を骨折されているお客様* X
医師の診断書は不要。免責事項および健康状態の確認書** に署名されている場合に限り、付き添いの方なしで搭乗可能です。
車椅子が必要なお客様 X
医師の診断書は不要。免責事項および健康状態の確認書** に署名されている場合に限り、付き添いの方なしで搭乗可能です。
* ご自身が移動したいときまたは緊急時に、客室乗務員の助けを借りずに、松葉杖を使って移動できるお客様。
** 免責事項および健康状態の確認書にはチェックイン時にご署名いただきます。

病気をされているお客様またはお身体の不自由なお客様への空港での対応

ストレッチャーまたは車椅子を必要とされるお客様には、無料でサービスをご提供いたします。出発時と到着時に航空機と空港ビルの間を移動される際は、弊社スタッフが無料でお手伝いいたします。ストレッチャーまたは車椅子をご希望の場合は、予約サービスから遅くともご搭乗の 48 時間前までにお申し出ください。緊急の場合は、弊社営業所またはコールセンターからご連絡いただけます。 

さらに、病気をされているお客様またはお身体の不自由なお客様は、チェックインおよび出国審査の際も優先的にご案内いたします。イスタンブールアタテュルク空港には、優先サービスを必要とされるお客様用の特別チェックインカウンターを設けております。

飛行中に医療機器や薬剤を必要とされるお客様

飛行中に必要とされる特定の種類の医療機器は、標準装備として機内にお持ち込みいただけます。一部の種類の個人用医療機器は、飛行中にご使用いただけます。

酸素ボンベ

お客様ご自身の酸素ボンベを飛行中にご使用いただくことはできませんが、医師の診断書の指定量を投与可能な医療認定を受けた機内用酸素ボンベがございます。機内用酸素ボンベをご使用になる場合は、遅くともご搭乗の 24 時間前までにお申し込みください。

呼吸装置

お客様ご自身の呼吸装置を機内で使用される場合は、遅くともご搭乗の 48 時間前までにお申し出のうえ、承認を受けていただく必要があります。お客様ご自身の呼吸装置は、離陸時と着陸時を除き、必要な場合にいつでもご使用いただけます。

薬剤

飛行中、糖尿病のお客様は、必要な糖尿病薬をご使用いただけます。診断書類をお持ちいただく必要はありません。 

糖尿病以外の方で、飛行中に薬を使用する必要があるお客様は全員、処方箋を携帯してください。

お身体が不自由で、補助犬を連れて旅行されるお客様

お身体の不自由なお客様が同伴される補助犬は、無料で機内にお連れいただけます。ただし、補助犬の同伴を希望される場合は、遅くともご搭乗の 48 時間前までに弊社営業所またはコールセンターにご連絡のうえ、その旨をお知らせください。補助犬は、リードにつなぎ、口輪をつけ、飛行中は足元に待機させるようにしてください。盲導犬がすべての予防接種を受けていることもご確認ください。また、健康診断書、ID、および予防接種証明書などの関連書類と合わせて、渡航先国で義務付けられているその他の書類をご持参ください。
病気をされているお客様は、医師の診断書をお持ちの場合のみご搭乗いただけます。医師の診断書は、トルコ語または英語で書かれた、搭乗日の 10 日以内の日付のものをご用意ください。この診断書には、「航空旅行を差し控える特別な理由がない」という内容が記されている必要があります。
病気をされているお客様またはお身体の不自由なお客様で、飛行中にご自身の身の回りのことができる方は、お一人でご搭乗いただけます。